Dr. Oliver Redsch

Founder

お客様へ

ホームページにご訪問いただきありがとうございます。
私は、オリバー・レーチと申します。
JAP-Consulting代表であり、すでに多くのお客様に
ご利用いただいております。
我が社は、いつもお客様のご希望を第一に考えております。

私は、11年間日本に滞在していた経験があり、
2人の子供は、2005年、2006年に岡山市で生まれました。
2007年の終わりにドイツに帰国しました。
日本では、3つの大学で研究をし、公立校、私立校にて、
英語、ドイツ語を教えていました。
また、ベルリン郊外のヴァンゼーの日本人学校で
数年間ドイツ語の先生として教鞭をとっていました。

日本人の方と接していて、特に印象的だったことは、
日本では、サービスがいかにお客様にとって大切か
大事かということです。
いかに顧客の気持ちを真剣に汲み取ることが
できるかということです。

日本人の方がドイツ人より、より敏感に
サービスの親切さ、細かさを感じる傾向があります。
ドイツの会社の対応というのは、
ドイツ語を母国語としない人にとっては、やりにくく
会社は、サービス提供に重点をおきますので、
無駄な出費をしてしまうこともあるのです。

電話だけの交渉だと、長時間待たされたり、理解できずに
終わってしまうことも少なくありません。

手紙などの書類でもドイツ語が難解で誤解を招く事例も多いです。
リマインダーや契約書などで、多額の金額を取られることもあります。

このようなことが、私の関心事であり、日本での経験から
わかったことです。

海外からドイツに居住しようと考えている方の手助けをして
混乱を解消してもらいたいと考えております。

私自身も日本でビザが大変だったことを記憶しています。
システムがわからずに、ガスや電気の支払いに困ったことがありますが、
日本人の友人に助けられました。

どのように簡単にすればよいのか、どのように誤解を対処すればよいのか
などを考慮しないと、多くの金額がかかってしまいます。

私は、自らの経験からいろいろな分野で自信をもっています。
あなたさまが我が社、JAP-Consulting とご縁があることを心より
願っております。

我が社に依頼していただければ、最終的にお金の節約になります。
お客様に願うことは、ドイツで安全かつ安心に過ごしてもらうことです。
国の制度が違うので、ドイツで困ってほしくないのです。

そして最後には、ドイツに来てよかったと思ってもらいたく、
私にとっても嬉しいことです。
長期間、我が社をご利用頂きたいと思っております。

ご連絡をいただければ、どのようにサポートするかを
お話いたします。
まずは、お気軽にメール、または、お電話をお願いいたします。

Weekdays from 8 am to 4 pm  jap.consultant@yahoo.de
At the weekend, please contact Dr. Oliver Redsch japcon@hotmail.co.jp
If you wish to contact me by phone, please send an SMS or email, then I will promptly call you back.